Cufitec ウイルス細菌制御技術

Cufitec®とは

一価銅化合物ナノ粒子を応用した抗ウイルス・抗菌技術です。
様々な材料への加工が可能であり、幅広い用途にご活用いただけます。

Cufitec®への想い

私たちの周りに無数に存在しているウイルスや細菌。
有益な微生物がいる一方で人や動植物の脅威となるものも存在し、対策が求められています。
NBCメッシュテックではウイルスや細菌など目に見えない脅威に対して、お客様に清潔・安心・快適な環境を
提供するためにCufitec®という技術を開発しました。

Cufitec®が目指すところ

1
さまざまな
微生物に効く(ウイルスと細菌)
2
速く効く(短時間で減少させる)
3
良く効く(ウイルスと細菌を
拡げない)

この3つを満たす技術とするべく開発に取り組んでいます。

Cufitec®の抗ウイルス・抗菌メカニズム

抗ウイルス・抗菌のメカニズム

  • 一価銅化合物ナノ粒子がウイルスや細菌と
    ぶつかった際に、水分中に一価銅イオンが
    溶出する

  • 一価銅イオンが酸素と反応して、活性酸素が発生する

  • 銅イオンと活性酸素の2つのチカラで
    ウイルスや細菌を減少させる

一価銅化合物を採用した理由

一価銅化合物から溶出する一価銅イオンは、二価銅イオンと比較して酸化されやすい性質があるため、活性酸素が発生します。
この活性酸素には微生物の働きを抑制する機能があるため、高い抗ウイルス・抗菌効果が発揮されます。

一価銅化合物と銀の違い

銀を利用した抗菌剤は、銀イオンが細菌に働きかけて抗菌作用を発揮すると言われています。銅イオンにも同様の抗菌作用がありますが、Cufitec®が銀系抗菌剤と大きく異なるのは、活性酸素が発生することによってウイルス・細菌の両方に効果をもたらす点です。
また、銅は銀と異なり人の身体に必要な必須ミネラルの1つであり、栄養機能食品の栄養成分として認められています。

研究結果からみるCufitec®の効果

特許技術 特許5746406号

ウイルス除去

試験方法:
一価銅化合物分散液とウイルス液(エンベロープがあるウイルス)を混合し、各接触時間におけるウイルス感染価をプラーク法を用いて評価した。
※社内試験

●エンベロープがあるウイルスに対する効果

エンベロープを持つウイルスに対する効果グラフ

結 果

●60分以内で99.99%減少。

●以下のウイルスを対象に試験を行い、
抗ウイルス効果を確認しています。
エンベロープウイルス(3種、20株)
ノンエンベロープウイルス(2種、2株)

1
さまざまな
微生物に効く(ウイルスと細菌)
2
速く効く(短時間で
減少させる)
3
良く効く(ウイルスと細菌を
拡げない)

除菌

試験方法:
一価銅化合物分散液とグラム陰性菌の菌液を混合し、各接触時間における生菌数を混釈平板培養法を用いて評価した。

※社内試験

●グラム陰性菌に対する効果

グラム陰性菌に対する効果グラフ

結 果

●60分以内で99.99%減少。

●以下の細菌を対象に試験を行い、
抗菌効果を確認しています。
グラム陽性菌(4種)
グラム陰性菌(7種)

Cufitec®の安全性

Cufitec®を安心してご利用いただくためにNBCメッシュテックではさまざまな安全性を確認しています。

試験項目 試験結果 試験機関
急性経口投与毒性試験 最小致死量(LD50値)は>2000mg/kg (一財)食品薬品安全センター秦野研究所
眼粘膜刺激性試験 眼組織(角膜・虹彩・結膜)に対して刺激性なし (一財)食品薬品安全センター秦野研究所
皮膚一次刺激性試験 刺激反応は認められない (一財)食品薬品安全センター秦野研究所
皮膚感作性試験 皮膚感作性:陰性 (一財)食品薬品安全センター秦野研究所
変異原性試験 遺伝子突然変異誘発性:陰性 (一財)食品薬品安全センター秦野研究所
細胞毒性試験 スコア:2(陽性3以上)
Cufitec®成分を塗布した不織布において
Nelson Laboratories,LLC

Cufitec®を貴社製品に活用するなら

Cufitec®商品に関して

商品紹介